NATURAL STANCE 自然体
不調を感じているあなたへ

 当院はこのような方のための鍼灸院です


・疲れにくい体質になりたい

・薬を飲み続ける人生を送りたくない

・不安を感じながら生活する毎日を変えたい

・表情や体型を美しく保ちたいが、それには内臓の健康が必要だと感じている

・妊娠、出産、育児と産前から産後までケアできる鍼灸院を探している

・原因不明と言われてどうしたら良いのかわからない


 このような方のためにサービスを提供しています

 

ハヤシ鍼灸院に来ていただくことで休息の質を上げることができます。快眠・快食・快便など質の良い休息と代謝が行われることで自律神経の不調が整い、様々なつらい症状が改善されます。

 

心と体に余裕のある無理のない自然体なあなた(natural stance)は、いいかえれば多少の無理がきくあなたです。夢や目標、したいこと、食べたいもの、毎日笑顔で楽しいといった人生をよりよくするために、今の身体がどのような状態なのか?なぜそうなったのか?今後どうしていけばいいのか?そういった疑問にアドバイスさせて頂きます。

 

精神疾患, 不安, 意気消沈した

 

 

 

 

total healthcare 癒す

このような想いで施術に取り組んでいます

 

病をみるにはその人の持つ渇きや苦しみといった人間的な背景をみる必要があり、症状だけにとらわれていても良くなるものではありません。「癒やす」とは治療のより広い概念であり、その人に寄り添い病の本質をみていくことだと考えています。

 

 

東洋医学

【カウンセリングと原因追及】

病院で症状を感じるのに「異常は特にありません」と言われたことはありませんか?
一応何らかのお薬が処方されますがやはり改善しない・・・

MRIや血液検査で異常無しでも、その人の声、体の特徴、感じ方や考え方、歩き方、表情全てが判断材料になり必ずその人のアンバランスなところが浮き上がって来ます、東洋医学ではその人全体から得られる情報からそのアンバランスなところを見つけ、治療法を決定します。
問診だけでなく、なにげない会話こそ重要な治療のヒントになるものですが、施術中は特に無駄話をするのでなく話を聞くということを意識しています

 

 

お灸 温灸 ハコ灸

【まわりを気にせず落ち着けるプライベート空間】

ざわざわワイワイと元気なところもそれはそれで良いのですが、しんどい時こそ静かに治療を受けたくないですか?

ましてやプライベートな悩みや日々のストレスや不満は人に聞かれたくないものです。お子様とご一緒の場合でも他に人がいないため気を遣うストレスが軽減します。

そのため個室にベット1台、完全予約で行っており、リラックスしてもらえるような空間作りを意識しています。

 

 

脈診

【多様なアプローチと柔軟な考え方】

正直治れば何でも良いと思いませんか?
東洋医学、当院の「刺さないハリ」は様々な症状に対応しますし、予防治療としても効果を発揮します。

しかし東洋医学だけで全てが解決するとは私は思っていません。

時には深くまでハリを刺していく解剖学的な視点に基づいた治療が必要な時もあります。
毎回同じではなく軸がありつつ多方面からの視点で考察し、様々なアプローチを行います。

 

健康とはやりたいことができる、楽しむことができることだと思います。

 

あれは食べちゃダメ、これはやっちゃダメというのはわかりますが、制限するというのはそれ自体がストレスになり身体を悪くすることがあります。

少しでも長く好きなものが食べれなくならないように、やりたいことがやれなくならないように治療するということこそ目指すところであり、そのために当院を活用して頂きたいと思っています。

 

 

 

frame, mandala, lilac

 

   施術の特徴   

 

✔刺さないハリによる優しい施術、幼児から高齢の方、体力のない方でも受けられて、どのようなお悩みにでも対応できます

接触鍼

 

✔総合施術(刺さないハリ+挟脊施術)では痛みやコリの強い方におすすめです

※刺さないハリでは手足のツボに、挟脊施術では背骨周辺のコリを刺して和らげます

背中のこり ゆがみ

 

✔RE再生鍼では炎症や腫脹、脂肪の厚みを軽減する効果があり慢性の症状に効果的です

※腹部に17ヵ所刺入し、代謝を促進する商標登録済みの手法です。

胃腸 内臓

 

✔妊活・産後のケア施術では健康な出産、育児ができるようサポートします

不妊症の鍼灸

 

初めての場合どの施術メニューが自分に合っているのかわからない場合があると思います。

施術中は電話に出れないことがありますのでお問合せフォームからお気軽にご質問ください。

 

 その他お気軽にご相談ください

WHO鍼灸適応疾患➡ 

 

 

MENU